車修理の注意点

>

整備工場に依頼する

車用品専門店に修理に出す場合

修理に出す車が、保証期間を過ぎていた場合には、ディーラーに修理に出すよりも、安く修理することができるのが、車用品の専門店での修理になります。
車用品専門店の修理の場合には、交換する部品は新品だけではなく、中古品や代替品で行ってもらえるので、修理費用が安くなります。
なので、ディーラーに断られた生産が終了した車や外国車の修理をしてもらえる可能性があります。

車用品専門店の修理は、店舗によって異なり、修理技術や見積もりなども店舗によって異なる場合があります。
修理の際には、交換する部品の種類などの相談を受ける場合があります。
ディーラーの場合には、新品の部品に交換することが決まっていますが、車用品専門店で修理を行う場合には、自分で決めることが多くなります。

修理先を選ぶポイント

車に関する知識や技術力は、ディーラーの方が上になります。
自分たちで扱っている車にはなりますが、色々な種類の車を扱っている車用品専門店や整備工場よりも、安心の修理をしてもらえます。
費用に関しては、車用品専門店や整備工場の方が修理費用が安くなります。
ディーラーでの修理は、手数料や新品の部品と交換となるので、高額になってしまいがちです。

短期間で、車を乗り換えるという人は、ディーラーでの修理が良いです。
乗っていた車を売却する際には、その方が買取価格が高くなります。

長期間、同じ車を乗り続けるという人には、整備工場が良いです。
長期間の使用となると、部品の交換よりも車内部のメンテナンスが重要になってくるからです。
また、ディーラーの本分は、車の販売になります。


TOPへ戻る