車修理の注意点

>

ディーラーでの修理

ディーラーのメリット

修理を行う車が保証の対象となっている場合には、他の修理業者に依頼するよりも、断然安く修理を行うことができ、場合によっては無料で行うことができます。

ディーラーで行う修理の場合には、交換される車の部品が純正品になるので、相性や互換性と言った心配をしなくてもよくなります。
交換される部品の、サイズや色合いなどでの違和感が出ないので、車に統一感がある方が良いという人は、ディーラーで修理をしてもらいましょう。

こちらの都合に合わせて、車の修理を行ってくれるのが、ディーラーです。
忙しくて、車の持ち込みが可能な日が限られている場合には、その日に修理が行えるように、調整してもらえます。

ディーラーでは、車の診断システムがあるので、車のどこに不具合が生じているのか、素早く割り出すことができます。

ディーラーのデメリット

ディーラーで修理を行う場合、修理が保証で行うことができれば良いですが、そうではない修理を行う場合には、修理にかかる費用は高額になってしまいます。
ディーラーで行う修理は、不具合がある部品の交換はすべて新品の部品に交換となるので、その分、修理費用が高くなっています。

ディーラーには、定められたコンプライアンスがあります。
なので、念入りにコンプライアンスに基づいた車のチェックを行います。
その際に、使用年数が過ぎている部品があった場合には、まだ使用できる状態のものであっても交換を行います。

中古車や輸入車で起こりやすいケースになりますが、生産が終了してから時間が経った車の場合には、部品が手に入らないために、修理ができないことがあります。


TOPへ戻る