車の修理を依頼する際の注意点

車修理の注意点

車を修理を行う際の順番

車の修理を自腹で行う場合には、車の修理にかかる費用は高くなります。 なので、かかった修理費用を一括現金で支払うことは難しくなります。 車の修理費用を、カードで支払えるのかやローンを組むことができるのか、リボ払いやボーナス払いは可能なのかどうか、間違いが無いようにしっかり確認しておきましょう。

ディーラーでの修理

ディーラーと言うと、車を販売しているところというイメージがありますが、ディーラーでも車の修理を行う事ができます。 ディーラーでの修理は、車の保証があるとお得になりますが、車の保証は購入した時と同じ状態である場合に限られます。 なので、車をチューニングしていると保証の対象外になってしまいます。

おすすめリンク

修理の際に気を付けておくポイント

車を傷つけないように、大事に乗っていたとしても、不意の事故などで車が傷つく可能性はあります。
いざ、車の修理を依頼するという時、どこに車の修理を依頼すれば良いのか、よくわからないものです。

車の修理依頼先は、色々ありますが、主な修理依頼先はやディーラーになります。

車の修理を行う際には、まず、修理に出す車が、メーカーの保証期間内であるのかどうか、車に使用されている部品がメーカーの保証の対象のものであるのかを、確認しておきましょう。
修理に出す車が、保証期間内である場合や保証の対象になっているものである場合には、メーカーに修理に出すのが一番良い方法になります。
保証されている場合には、修理費用の割引や場合によっては無料で、メーカーからの修理を行ってもらえます。

車の修理の相談を行う際は、ディーラーから相談するのが良いです。
最初にディーラーに相談するのは、保証で修理を行える場合には、修理費用の割引や無料で車を修理してもらえるからになります。
その次は、車用品の専門店に相談し、その後に整備工場に相談するのがオススメの順番になります。

お店に修理の相談をして、自分に合った修理費用や修理にかかる日数から複数の修理店を選び、見積書を依頼しましょう。
見積書に書かれている修理内容や修理費用、代車の有無などの内容を見て、修理する先を決めてください。
修理先を決めたら、車をお店に持ち込んで、修理してもらいましょう。

後々のトラブル回避のために、疑問に思ったことはキチンと質問しておきましょう。

整備工場に依頼する

整備工場における車の修理の特徴は、部品の交換ではなく、車を直すことががメインになります。 ディーラーでの修理よりも、安く色々な種類の車の修理を受けてくれますが、整備工場によって、修理技術が異なります。 しかし、修理に必要になる部品を取り寄せる場合があるなど、修理完了までに時間がかかります。

TOPへ戻る